2017年3月29日水曜日

やぐらの使用申込み


 
百丈やぐら



下記(1)~(5)を明記しやぐら管理委員会てまでお申込みください.
予約受付:大阪労山年間行事は6ヶ月前から受付、それ以外は3ヶ月前から受付

  1. 団体名
  2. 使用希望日及び使用時間帯(午前、午後、もしくは全一日)
  3. 使用責任者(申込者)の氏名、連絡先(携帯、メール)
  4. 使用人数
  5. 使用方法がわかるか否か
<やぐら使用料を変更しました>
やぐら使用料は、土日祝5,000円/日、平日2,000円/日です。
また、その年度(2/1~1/31)の2回目以降は半額になります。
別途、やぐら周囲の駐車料金3台分11,500円を駐車場管理者にお支払い下さい)

やぐら使用料の入金確認をもって受付完了になります。
振込先は、
株式会社ゆうちょ銀行 店名:四〇八(読み ヨンゼロハチ)
店番:408 預金種目:普通預金 
口座番号:1201858
お問合せ、申し込みはやぐら管理委員会まで


        やぐら使用規則


1.登録団体 
やぐらは、あらかじめ、大阪労山技術委員会に登録した団体(登録団体)が、技術委員会の
使用許可を得た場合に限り使用することができる。


2.登録事項
登録事項は次の事項とする
(1)団体名
(2)団体代表者の氏名、住所、連絡先
(3)団体内のやぐら担当者の氏名、住所、連絡先


3.使用申込
登録団体がやぐらの使用を希望するときは、技術委員会に次の事項を明記して、FAXもし
くは郵便で申込をする。

(1)登録団体名
(2)使用希望日及び使用時間帯(午前、午後、もしくは全一日)
(3)使用責任者(申込者)の住所、氏名、連絡先(4)使用人数
(5)使用方法がわかるか否か


4.使用許可
技術委員会はやぐら使用の申込があった場合には、申込順にすみやかに使用許可を与える。
但し、次の事項に該当するときには使用許可を与えないことが
できる。

(1)当該登録団体の使用により、やぐら本体もしくは付属設備に損害が与えられると思量
される場合。

(2)当該登録団体の使用により、使用者自身もしくは周辺の人々に危険が及ぶと思量され
る場合。

(3)使用希望日がやぐら及び付属設備の修理、整備を必要とする日である場合


5.使用者の遵守事項

技術委員会より使用許可を与えられた者は次の事項を遵守しなければならない。
(1)やぐら本体及び付属設備に破損、損傷を与えぬよう、また使用者自身もしくは周辺の
人々に危害を与えぬよう細心の注意を払うこと
。 
(2)使用後はやぐら本体及び付属設備を原状に復し、施錠を確実にして、周辺
の清掃に努
めること。

(3)鍵を速やかに鍵保管者(道場駅前 大北商店)に返却すること。
(4)使用前もしくは使用後にやぐら本体もしくは付属設備に異常を発見した場
合には速や
かに技術委員会に報告すること。

(5)故意、過失を問わずやぐら本体もしくは付属設備に損害を与えた場合には  原状に復
し、かつ損害を賠償すること。

(6)安全のために日の出より日没までの間に限り使用すること。また、午後の 使用者のた
めに午前中の使用者は12時をもって終了すること。


6.使用料金
やぐら使用の許可を与えられた団体は、実際に使用したか否かにかかわらず、速やかに下記
の使用料金を納入しなければならない。

(1)土日祝 全一日(日の出~日没) 5,000円 
   平日  全一日(日の出~日没) 2,000円
   上記使用料は、その年度(2/1~1/31)の2回目以降は半額とする。 
(2)使用料金の納入
  郵便貯金総合通帳
 番号:14000-12018581
 口座名義:大阪労山やぐら建設委員会 代表 河野 仁

7.免責
やぐらの使用は、使用者の希望に基づくものであり、使用の際に生じた使用者自身もしくは
第三者の損害に付いて、大阪府勤労者山岳連盟及び技術委員会
は一切の責めを負わない。

大阪府勤労者山岳連盟


      大阪市福島区吉野3-2-35
一般社団法人 大阪宣伝センター機関紙会館・新館内
      TEL 06-6467-8544   FAX 06-6467-8545

0 件のコメント: